ThinkPad米沢生産モデルは
レノボショッピングだけ

米沢生産モデルはこちら

米沢生産

国内生産による徹底した品質管理

2015年2月より、NECパーソナルコンピューター米沢工場(山形県)にてThinkPadの国内生産を開始しました。米沢工場は徹底した部品受入検査をはじめこだわりぬいた品質管理の下、30年以上PCを生産しつづけています。

徹底した品質管理

 

国内生産だからすぐ届く

米沢生産モデルでは工場出荷後、最短 2 日でお届けいたします。

*出荷から納品までの期間は地域により異なる場合がございます

米沢事業場(米沢工場)とは

1944年山形県米沢市に「米沢製作所」として設立、1983年以降NECパーソナルコンピュータの製造拠点として、30年以上PC生産を続けています。2015年2月からはThinkPadの一部直販モデルの生産を開始しました。今後もNEC/Lenovo双方における重要な製造拠点として、徹底した品質管理に基づいたPCをお客様にお届けいたします。

国内開発Designed in Japan

日本人の手により実現された堅牢性・シンプルな機能美

ThinkPadは今から20年前、IBM大和研究所で(神奈川県)生まれました。現在もThinkPadはその伝統を継承しつつ、厳しい耐久性試験による堅牢性、日本人による機能美を備えたシンプルなデザインを実現しています。

圧倒的な堅牢性

機能美を重視した無駄のないデザイン

そのシンプルな外観とディスプレイを開いたときの機能美との対比は、「松花堂弁当」をモチーフとし、日本の様式美と深く関連しています。また、印象的な赤いキャップのデザインで ThinkPad の代名詞となったトラックポイントは、キーボードのホームポジションから手を離さずにポインティング操作ができるようにする為に採用されたもので、利用者 の使いやすさを最優先に考える ThinkPad の開発姿勢の象徴でもあります。お客様に礼を尽し、心を込めて最善のおもてなしを提供する日本の文化の中で、日本の技術者達がその思いを込め、伝統を守り ながら革新し続けてきた ThinkPad。そこには日本ならではの“おもてなし”の精神が宿っています。

大和研究所とは

1985年、神奈川県大和市に設立、2011年に現在のみなとみらいに移転。旧IBMの初代ThinkPadから今日まで変わらずThinkPadの設計開発をリードしています。ThinkPadの伝統を脈々と受け継ぎなが ら、その価値を高めていく――世界屈指のPC専業メーカーとなったことで、より積極的・戦略的な開発投資が可能になりました。ThinkPadの進化は、 これからも日本発、大和研究所発であり続けます。

Product

ThinkPad X1 CARBON
ThinkPad X1 CARBON ThinkPad X1 CARBON ThinkPad X1 CARBON

ThinkPad XシリーズThinkPad X1 CARBON

米沢生産モデル 詳細はこちら
ThinkPad X270<
ThinkPad X270< ThinkPad X270< ThinkPad X270<

ThinkPad XシリーズThinkPad X270

米沢生産モデル 詳しくはこちら
t470s
t470s t470s t470s

ThinkPad TシリーズThinkPad T470s

米沢生産モデル 詳しくはこちら