with YOGA BOOK

Lenovo™

intel

TOP PAGE

私にとってのYOGA BOOK

INTERVIEW

DRAW with YOGA BOOK

「描くことが生業の私にも納得の性能。瞬時に保存・共有もでき仕事の幅が広がります。」

PROFILE

イラストレーター、マンガ家りゃんよ

おもちゃ会社に就職したが、退職し絵の勉強を始め2011年からフリーのイラストレーターになる。書籍や雑誌、WEB、広告など多方面で活躍中。4月から美大の講師も兼ねる予定。著書「好きなイラストを描いてオカネを稼ぐ方法」「結婚生活マニュアル」「りゃんよのおもしろかわいいイラストの描き方」WEB連載「花嫁できるもんっ!」など。

タブレットなのに、いつもと同じ感覚で紙に描けることに驚き。

締切り前になると家にこもって仕事していますが、イラストの創作フェーズでは、カフェが好きでよく外に出ています。ラフや下絵はカフェで描いて、家で仕上げることが多いですね。まず、インクジェット紙に鉛筆で下絵を描いて、それをスキャンしてPCに取り込む。次に、ペン入れ。ここからはPCでの作業です。
過去には、液タブ(液晶タブレット)とペンタブ(ペンタブレット)を購入して試してみたことがあります。ペンタブは画面を見ながらタブレット上で描くのが難しく、また、手元と画面の距離があることから起こる線のズレがストレスでした。一方、液タブは画面のツルツルっとした感じが感覚的に慣れなくて断念…。そんな私だったので、YOGA BOOKを使った時、これはすごい!と思いましたね。紙+ボールペンで描いたものが、即デジタイズできる、というのは初めての経験で新鮮でした。

線のズレもなく筆圧の強弱もしっかり感知。紙やペンの種類も豊富で嬉しい。

付属イラストソフトのArtRage(※注 Windows版はArtRage Lite Trial) は、必要な機能は全て揃っているのに、操作がシンプルで使いやすいですね。多機能すぎる他のソフトと違い、説明書を読まずに少し触るだけで理解できました。
リアルペンの感度がいいので、ペンタブでストレスだった線のズレを感じません。ちょっとした筆圧の違いもしっかり再現されています。ペンの太さも好み通りに変えられて、筆やクレヨンなど種類がたくさんあるのもいいですね。ペンの種類だけでなく、紙質を選べるのも素敵。一番のお気に入りは、和紙です。近頃、仕事の幅を広げる為に百人一首を勉強しているので、YOGA BOOKで和紙の風合いを活かした和歌の絵を描いてみました。筆ペンのリアルなタッチも気に入っています。色を塗るときは、紙のままでも紙を外してペン先を変えてでも、やりやすい方で出来るので嬉しい。簡単に消して書き直しできる点もいいですね。

どこへでも持ち運べて、プレゼンツールとしても優秀。スキマ時間でSNS投稿も。

薄くて軽いので、どこへでも持ち運べます。例えば、企画やイラストの打ち合わせ。わたしの場合、クライアントの要望を聞きながら、その場で提案することが多く、そういった場面でYOGA BOOKを使えば、相手とのコミュニケーションがより円滑になると思います。その場で描いたものを瞬時に保存・共有できるのですぐにクライアントの社内で展開してもらうこともできますし、企画の次のステップに早く移れます。

ちょっとしたスキマ時間を利用して、SNSむけのイラストを描くのにも適していると思います。以前から、SNSを活用して仕事の幅を広げたいと考えていました。YOGA BOOKは、SNSむけの比較的ゆるいタッチの手書きっぽいイラストを描くのにもってこい。例えば、クレヨンのペンを使った絵日記風のイラスト。アカウントを登録しておけば「共有」ボタンからすぐSNSに投稿できるので、外出先のスキマ時間でさっと描いて、すぐに公開できます。YOGA BOOKがあれば、仕事の可能性がぐっと増えそうです!

OTHER INTERVIEWS

TOP PAGE

YOGA BOOKをいますぐ体験しよう!

Lenovo YOGA BOOK Intel® Atom™ プロセッサー搭載。Intel Inside® 最適なソリューションをLenovo YOGA BOOK Intel® Atom™ プロセッサー搭載。Intel Inside® 最適なソリューションを

  • Windows版を購入するWindows版を購入する
  • Android版を購入するAndroid版を購入する